RANKING



newカテゴリで頑張ります。


READING BOOK

Nのために

LINK

当ブログはリンクフリーです。

  夏目のブクログ
  Amazon
  楽天ブックス

PROFILE

夏目
  片付けられない女魂

ENTRY

ARCHIVE

CATEGORY

SEARCH

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告

パレード

パレード



正直なところ、人間の、あるいはこの世の中の、悪意という悪意に、私はすっかり飽きている。もちろん、飽こうが飽くまいがこの世に悪意は存在するし、目をつぶって過ごそうなんて、そんなの楽観的すぎるよ、と笑う人がいるかもしれない。ただ、そう言って笑おうとする、その悪意にも、私はもう飽きている。

『 大垣内琴美(23歳)無職 』 より



「一緒していい?」と声をかけてきた女性は、あたしの返事を待つふうでもなく横に並び歩調を合わせた。
その強引さに、あたしは少し身構えた。



彼女のポークソテーが切り刻まれていく。
いつになったら食べ始めるのだろうというあたしの心配をよそにポークソテーはどんどん小さくなっていく。

「だからね、私ははっきり言ったの。『あんな男と結婚しても幸せになれないって言ったでしょ』って。私、そういうところは鋭いから、この男は絶対浮気するなって直感でわかっちゃうの」

そんなことよりポークソテー。

「私の忠告をきいていればあんな辛いだけの結婚生活を送ることもなかったのに。変なところだけ頑固なのよその子。だから周りの人の言うことなんてぜんっぜんきかないで無理やり結婚したの。それなのに結局1年半で別れたのよ?親友だけど、ご祝儀かえしてーって感じ」

ひと際大きくなった彼女の声が合図だったかのように、ここでようやく彼女の話の内容が頭に入り込んできた。
すると急に腹が立った。

親友が不幸になると本当にわかってたのなら全力で止めりゃ良かったじゃんとか、説得しかねて披露宴に出て笑顔で祝福したんなら、あとは全力で応援して愚痴聞いて一緒に怒ってあげりゃいいじゃんとか、「なんでこんな男と結婚しちゃったんだろ」って一番思ってるのは本人だよとか、つうか親友に十人並みの説教されたくねーとか、とにかく何もかもに腹が立った。
でも、たとえあたしがそう言ったところで彼女の心は動かないだろう。
なぜなら、彼女が食事を疎かにしてまで話しているのは「離婚した親友の話」ではなく、「親友よりも人を見る目がある私の話」なのだから。



結局あたしは、たくさんの言葉を呑みこんで、一番言いたかったことだけを言った。
すると彼女は「あ、ほんとだ」と、今初めて気づいたみたいに、自分がナイフで切り刻み続けたポークソテーを見た。
そして、小さく小さく切り刻まれたポークソテーをフォークですくいようやく口に運んで「挽肉みたい」と言うと、金属音に似た耳障りな声で楽しそうに笑った。


    人気BLOG RANKING
   現在公開中の映画 『 パレード 』 は原作の匂いそのまま。
スポンサーサイト
2010/03/05(金) 18:57 | BOOKSTB:0

LOVE IS DEAD

THE 7th BLUES


なりふりかまわず古き良き日にとりつかれてるヤツのうわ言聞けないと匙を投げて、溜め息まじりに身内も離れてゆくよ

詞 / 稲葉浩志



あたしは、君の欲しい言葉を知ってるけど言わない。
君は、あたしの欲しい言葉を知らないから言えない。
でも君は、ほんとうは気づいている。
それを口にすれば自分が傷つくと解っているから知らないふりをしているだけで。

自分を守るために他人を傷つけ続けるような弱虫を受け容れるほどの度量はあたしにはないし、生憎あたしは自分よりも強い男が好きだ。
つまり、君じゃない。


    人気BLOG RANKING
   また暗い。すげー暗い。超暗い。
2010/03/04(木) 10:31 | MUSICTB:0

MY LONELY TOWN

MY LONELY TOWN(初回限定盤)(DVD付)



ひとりではもう耐えられない
そう思うことは誰にもある

作詞 / 稲葉浩志



急遽開催されることになった同級会の出席者30人のうち、独身者はあたしを含めて5人で、内2人はバツアリの男女、残る3人がバツナシの女だった。
あたしを含む独身女3人の共通点。
それは、若い頃から遊びまくっていること、仕事バカなこと、そして、自分がモテないと自覚していること。
そんな女3人に向かって、看護士をしているもう1人の独身女性がポツリと呟いた。

「気楽な生活にはすぐ慣れたけど、ひとり暮らしの寂しさにはいつまで経っても慣れないよ。やっぱり結婚したいなぁ。ねえ?」

・・・・と、同意してくれるハズだった3人の反応が意外と鈍いことにかすかに戸惑いを見せた彼女は、今度は真剣に、畳みかけるように話す。
灯りのついていない寒い部屋に帰ることの寂しさ、独り言が多くなっていることに気づいた時の虚しさ、お弁当を一個だけ買うことに抵抗を覚えなくなった自分への失望、だからたとえ仕事が順調でも常に孤独感と焦燥感に苛まれていること、などなど。
エピソードは尽きそうになかったが、思ったような反応が得られないことに疲れたのか、彼女は大げさに溜息をついた後、あたしに向かって言った。

「この2人は別にして、あんたは実家暮らしだから寂しくないんだよ」

彼女はそう言い残すと、オレンジ色のカクテルが入ったグラスを持ってバツイチの男がいるテーブルへと移っていった。

店の一番奥まったテーブルに残された独身女3人は、話を聞いているあいだ呑むのを控えていたビールジョッキを掴むと一斉にあおった。
そして、そのうちのひとりが音を立ててジョッキを置き、少し照れて言った。

「誰かと一緒にいたって死ぬほど寂しくなることはあるし。それに比べればひとりでいることなんか全然平気」

それを聞いていたもうひとりが大きく頷くのを見て、あたしは、またひとつ共通点が増えたことに気がついた。


    人気BLOG RANKING
   その後、「寒い季節になると「寂しい」っていうブログエントリーが増えるけど、でもそれをネットに書く人は、季節関係なく年がら年中寂しがってる。書くのが冬だっていうだけ」という話で盛り上がる。そんな女が結婚できる日は来るのか!(反語)
2009/12/21(月) 13:06 | MUSICTB:0

ダーク

ダーク (上) (講談社文庫)ダーク (下) (講談社文庫)


退屈だったわけではない。
会社に行けばとりあえずは余計なことを考えずに居られたし、仕事を終えて友達と会うのは楽しく、新しい出会いがあればそれなりに浮かれもした。
ただ、たとえこれから先、働いて得た幾許かのお金で呑んで食べて笑って寝て起きてまた働くという平凡な生活を繰り返そうと、何かの拍子に自分を取り巻く環境が劇的に変わろうと、いずれにせよ、二度と再び心の底から笑える日は来ないだろうという気が、漠然としていた。
向上心や向学心を含む、全ての意欲が失せていた。
何も考えず何も吸収せず、それまでに蓄えた知識と体力とお金を消費して暮らし、それが尽きたときにもし自分が独りだったなら、生きることにはなんの未練もなくなっているであろうことが容易に想像できた。
心が死にかけている自覚はあったが、それをどうにかしたいとは思わなかったし、そもそも、人に心を開く気力もなかったから、たとえどんな名医にかかろうと治るはずはないと思っていた。

心が蘇生するのに2年かかった。
3日やそこらで仮死状態に陥ったことを思えば随分時間がかかったが、時の長さを想うよりまず驚いた。
なぜなら、心が呼吸し始めるきっかけになったのが、自分の中に突如湧き起こった、猛烈な怒りだったからだ。

怒りを他人にぶつけてしまわぬよう必死で押し込めている最中に聞いた、耳障りな程に大きな心拍音や、身体中の血が増水した川のように轟音をあげながら廻っているような錯覚や、脳が痺れ視界がぎゅっと狭くなり、カメラのファインダーから世の中を覗いているかに見えた景色など、蘇生した瞬間のことは今でもはっきり覚えている。
そして、そんな未知の感覚と格闘しながら、「もしかすると、人はこんな感覚に襲われた時に誰かを殺してしまうのか」と他人事のように考えている自分自身に狂気を見て寒気がしたことも。

あたしは確実に、怒りによって還ってきた。
それが、2年の間、喜怒哀楽の中で最もあたしに欠けていた感情だったと気付いたのは、それから更に半年後のことである。


    人気BLOG RANKING
   賛否両論ありそうな村野ミロシリーズ。
2009/10/02(金) 16:26 | BOOKSTB:0

オーバー・タイム

オーバー・タイム (角川文庫)


最後に会った日の記憶は斑(まだら)になっていた。
転勤と結婚の報告をされたことは覚えているが、それ以外にどんな話をしたのかは覚えていない。
何しろ9年も前のことだ。
当時、その男と呑むのはすっかり日常だったし、結果的には最後となったその日に会ったのも、特別な理由があってのことではなかった。



男の記憶によると、9年前のその日あたしは、「住む土地が離れるわ結婚するわじゃ、もうサシでは呑めないね」と言ったらしい。

「結婚前だったし、結婚するの初めてだったし、結婚したら女友達と2人で会わないほうがいいだとか、そういうことは全然考えてもいなかった。あと、俺らそういう関係じゃないだろ、っていうのも少しあった」
「あの時あたしにそう言ったんだっけ?」
「いや。馬鹿にされそうな気がして言えなかった」
「なるほど」

9年ぶりに会った男が離婚した理由は訊かなかった。
人づてに子供が出来たという話を聞いたような記憶もあるが、もしそうだとしたら尚更、「真偽を確かめたい」という己の欲求だけで気安く訊けることではない。
男が、永遠に続くと思っていた家族との別離に傷つかないほど鈍感でないことをあたしは知っているのだから。

「で、そっちは?変わったことあった?」

男がおおよその事情を聞き知っている可能性は大いにあったが、あたしは躊躇することなく、「年くっただけ」と答えた。
すると男は大きく笑ったあとで、「お互い追々ね」と言い添えた。

そうだった。
こんなんだった。
話したくなった時だけ話す。
話したくない時に訊かれたらはぐらかす。
お互いがそんな性格だったから楽に過ごせたのだということを、あたしは9年ぶりに思い出した。


    人気BLOG RANKING
   DVD化して欲しいドラマランキング第1位。(夏目基準)
2009/09/08(火) 16:41 | DRAMATB:0
HOMEOLD >>
Copyright(C) 2009-2010 午前3時、万年床で見る光芒 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。