RANKING



newカテゴリで頑張ります。


READING BOOK

Nのために

LINK

当ブログはリンクフリーです。

  夏目のブクログ
  Amazon
  楽天ブックス

PROFILE

夏目

夏目
  片付けられない女魂

ENTRY

ARCHIVE

CATEGORY

SEARCH

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告

パレード

パレード



正直なところ、人間の、あるいはこの世の中の、悪意という悪意に、私はすっかり飽きている。もちろん、飽こうが飽くまいがこの世に悪意は存在するし、目をつぶって過ごそうなんて、そんなの楽観的すぎるよ、と笑う人がいるかもしれない。ただ、そう言って笑おうとする、その悪意にも、私はもう飽きている。

『 大垣内琴美(23歳)無職 』 より



「一緒していい?」と声をかけてきた女性は、あたしの返事を待つふうでもなく横に並び歩調を合わせた。
その強引さに、あたしは少し身構えた。



彼女のポークソテーが切り刻まれていく。
いつになったら食べ始めるのだろうというあたしの心配をよそにポークソテーはどんどん小さくなっていく。

「だからね、私ははっきり言ったの。『あんな男と結婚しても幸せになれないって言ったでしょ』って。私、そういうところは鋭いから、この男は絶対浮気するなって直感でわかっちゃうの」

そんなことよりポークソテー。

「私の忠告をきいていればあんな辛いだけの結婚生活を送ることもなかったのに。変なところだけ頑固なのよその子。だから周りの人の言うことなんてぜんっぜんきかないで無理やり結婚したの。それなのに結局1年半で別れたのよ?親友だけど、ご祝儀かえしてーって感じ」

ひと際大きくなった彼女の声が合図だったかのように、ここでようやく彼女の話の内容が頭に入り込んできた。
すると急に腹が立った。

親友が不幸になると本当にわかってたのなら全力で止めりゃ良かったじゃんとか、説得しかねて披露宴に出て笑顔で祝福したんなら、あとは全力で応援して愚痴聞いて一緒に怒ってあげりゃいいじゃんとか、「なんでこんな男と結婚しちゃったんだろ」って一番思ってるのは本人だよとか、つうか親友に十人並みの説教されたくねーとか、とにかく何もかもに腹が立った。
でも、たとえあたしがそう言ったところで彼女の心は動かないだろう。
なぜなら、彼女が食事を疎かにしてまで話しているのは「離婚した親友の話」ではなく、「親友よりも人を見る目がある私の話」なのだから。



結局あたしは、たくさんの言葉を呑みこんで、一番言いたかったことだけを言った。
すると彼女は「あ、ほんとだ」と、今初めて気づいたみたいに、自分がナイフで切り刻み続けたポークソテーを見た。
そして、小さく小さく切り刻まれたポークソテーをフォークですくいようやく口に運んで「挽肉みたい」と言うと、金属音に似た耳障りな声で楽しそうに笑った。


    人気BLOG RANKING
   現在公開中の映画 『 パレード 』 は原作の匂いそのまま。
スポンサーサイト
2010/03/05(金) 18:57 | BOOKSTB:0
HOMEOLD >>
Copyright(C) 2009-2010 午前3時、万年床で見る光芒 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。