RANKING



newカテゴリで頑張ります。


READING BOOK

Nのために

LINK

当ブログはリンクフリーです。

  夏目のブクログ
  Amazon
  楽天ブックス

PROFILE

夏目

夏目
  片付けられない女魂

ENTRY

ARCHIVE

CATEGORY

SEARCH

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告

イチブトゼンブ

イチブトゼンブ/DIVE



ほんとに要るのは有無を言わせない圧倒的な手触り
愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに

作詞 / 稲葉浩志



メール不精のあたしでさえケータイのメールを使うようになったというのに、そういえば男の連絡ツールはいつも電話だ。
男と頻繁に会っていた頃にあたしはまだケータイを持っていなかったから、もしかすると未だにメールアドレスを教えていなかったのかもしれないと気づき、訊いた。
だが男は、「メール送らないからアドレスもいらない」と言う。
確かに用事は電話で済むもんなと思い、その話はそれっきりで終わった。

別れ際、信号待ちをしながら男が「また電話する」と言った。
あたしが短く返事をすると男は、「お前のケータイメールもそんくらい短そう」と言って少しだけ笑った。
一緒に笑ったあとであたしが「10文字くらいは打つよ」と答えると、男は、ほんの少し間を空けてから言った。

「ちっちゃい液晶で10個の文字見るより、その声で「今日は無理」って言われたほうがよっぽどいいよ」

あたし達の関係にケータイメールという文明の利器が登場するのは、どうやらまだ先のことらしい。


    人気BLOG RANKING
   本日発売!
2009/08/05(水) 13:47 | MUSICTB:0
トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://natsume3am.blog37.fc2.com/tb.php/15-44661e82

Copyright(C) 2009-2010 午前3時、万年床で見る光芒 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。